コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript 文字列関連

[JavaScript] 文字列の一部分を切り出す(substr, substring, slice)

投稿日:2016年10月23日 更新日:

文字列の一部分を切り出すには、 substrを使う方法、substringを使う方法、sliceを使う方法があります。

文字列をsubstrで切り出す

substrは、開始位置と文字数を指定して切り出す書式です。

対象文字列.substr(開始インデックス, [切り出す文字数])

解説

  • インデックス番号は0から始まるため、1文字目は0、2文字目は1 と数えます。
  • 第2引数は省略可です。省略すると最終文字まで指定したことになります。
  • 第1引数にマイナスを指定すると後ろから数えた文字数となります。 この場合、インデックス番号は0からではなく1から数えます。
  • 存在しないインデックス番号を指定しても空文字が返るだけでエラーにはなりません。

文字列をsubstringで切り出す

substringは、開始位置と終了位置を指定して切り出す書式です。

対象文字列.substring(開始インデックス, [終了インデックス])

解説

  • インデックス番号は0から始まるため、1文字目は0、2文字目は1 と数えます。
  • 第2引数は省略可です。省略すると最終文字まで指定したことになります。
  • 存在しないインデックス番号を指定しても空文字が返るだけでエラーにはなりません。

文字列をsliceで切り出す

sliceは、開始位置と終了位置を指定して切り出す書式です。

対象文字列.slice(開始インデックス, [終了インデックス])

解説

  • 基本的にsubstringと同じ動きをしますが、マイナスを指定して後ろから切り出せる事が異なります。
  • 存在しないインデックス番号を指定しても空文字が返るだけでエラーにはなりません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript, 文字列関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 配列の重複データのみ抽出する

配列の重複データのみ抽出するサンプルです。 サンプルソース 例)配列「arr1」から重複要素のみを抽出した配列を取得する ...

[JavaScript] 右クリックを禁止にする

ブラウザ上でのマウス右クリックを禁止にするには、 oncontextmenuイベントハンドラを設定します。 サンプル 例 ...

[JavaScript] 定数を定義する(const)

JavaScriptで定数を定義するには、constを使用します。 ※ECMAScript6以降対応ブラウザで使用可能で ...

[JavaScript] imgタグの画像をBase64形式に変換する

imgタグの画像をBase64形式に変換するサンプルです。 サンプルソース 例)canvasのデータをjpeg形式として ...

[JavaScript] Dateオブジェクトの日付前後チェックを行う

Dateオブジェクト同士の日付前後チェックサンプルです。 日付前後チェックは不等号記号で行えます。 サンプル 例)Dat ...

スポンサーリンク