JavaScript

[JavaScript] 関数から複数値を返す

投稿日:2016年10月22日 更新日:

通常JavaScriptの関数の戻り値は1つですが、
以下のようにすれば複数値返すこともできます。

方法1)配列で返す

連想配列を使えば複数の値を返すことができます。

例)引数に渡された数値の3倍、6倍、9倍の値を返す

※数値チェック等は省略しています。


こんな感じで値を取得できます。

(結果)
6 12 18

解説

  • 連想配列はキーと値のセットが複数定義できるので、それを使って実現できます。
  • 事前にキーが分かっている必要があります。
  • 連想配列には異なる型が混ざっていてもOKです。

方法2)ECMAScript6から導入された方法で返す

ECMAScript6ではfunctionの複数戻り値に対応しました。

例)引数に渡された数値の3倍、6倍、9倍の値を返す(ECMAScript6形式)

こんな感じで値を取得できます。

(結果)
6 12 18

解説

  • 戻り値に異なる型が混ざっていてもOKです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 指定したタグ全てにスタイルを適用する

JavaScriptで指定したタグ全てにスタイルを適用するサンプルです。 例えば、全てのpタグの背景色を赤くするなどとい ...

[JavaScript] 三角関数を使用する

JavaScriptで三角関数を使用するサンプルです。 サンプル 例)30度のサイン(正弦)を求める [crayon-5 ...

[JavaScript] ページに文字列を出力する(document.write、document.writeln)

JavaScriptからページに文字列を出力するには、 document.write、document.writelnを ...

[JavaScript] 実装を厳格化する(use strict)

JavaScriptのコードの書き方は、変数宣言をしなくてもOKだったりと、わりと曖昧なコードの書き方が許されています。 ...

[JavaScript] ブラウザの新規タブにopen.windowする

ブラウザの新規タブにopen.windowするには、 オプションを指定せずにopen.windowすればOKです。 サン ...

スポンサーリンク