JavaScript

[JavaScript] 関数から複数値を返す

投稿日:2016年10月22日 更新日:

通常JavaScriptの関数の戻り値は1つですが、
以下のようにすれば複数値返すこともできます。

方法1)配列で返す

連想配列を使えば複数の値を返すことができます。

例)引数に渡された数値の3倍、6倍、9倍の値を返す

※数値チェック等は省略しています。


こんな感じで値を取得できます。

(結果)
6 12 18

解説

  • 連想配列はキーと値のセットが複数定義できるので、それを使って実現できます。
  • 事前にキーが分かっている必要があります。
  • 連想配列には異なる型が混ざっていてもOKです。

方法2)ECMAScript6から導入された方法で返す

ECMAScript6ではfunctionの複数戻り値に対応しました。

例)引数に渡された数値の3倍、6倍、9倍の値を返す(ECMAScript6形式)

こんな感じで値を取得できます。

(結果)
6 12 18

解説

  • 戻り値に異なる型が混ざっていてもOKです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 次のコントロールを取得する(.nextElementSibling)

あるコントロールオブジェクトの次のコントロールオブジェクトを取得するには、.nextElementSiblingを使用し ...

[JavaScript] cookieから値を取得する

cookieから値を取得するサンプルです。 cookieから値を取得するサンプル cookieから値を取得するには、例1 ...

[JavaScript] 絶対値を求める(Math.abs)

絶対値を求めるには、Math.abs()を使用します。 構文 (aの絶対値を求めてxに代入する) var x = Mat ...

[JavaScript] imgタグに画像が存在するかチェックする

imgタグに画像が存在するかチェックするサンプルです。 画像がリンク切れしているかどうかをチェックしたい場合などに使用で ...

[JavaScript] canvasオブジェクトを生成する

JavaScriptでcanvasオブジェクトを生成する方法です。 サンプルソース 例)canvasオブジェクトを生成す ...

スポンサーリンク