JavaScript

[JavaScript] 関数から複数値を返す

投稿日:2016年10月22日 更新日:

通常JavaScriptの関数の戻り値は1つですが、
以下のようにすれば複数値返すこともできます。

方法1)配列で返す

連想配列を使えば複数の値を返すことができます。

例)引数に渡された数値の3倍、6倍、9倍の値を返す

※数値チェック等は省略しています。


こんな感じで値を取得できます。

(結果)
6 12 18

解説

  • 連想配列はキーと値のセットが複数定義できるので、それを使って実現できます。
  • 事前にキーが分かっている必要があります。
  • 連想配列には異なる型が混ざっていてもOKです。

方法2)ECMAScript6から導入された方法で返す

ECMAScript6ではfunctionの複数戻り値に対応しました。

例)引数に渡された数値の3倍、6倍、9倍の値を返す(ECMAScript6形式)

こんな感じで値を取得できます。

(結果)
6 12 18

解説

  • 戻り値に異なる型が混ざっていてもOKです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] ブラウザ上の要素の表示/非表示を切替える(非表示時も詰まらない)

ブラウザ表示上の指定した箇所の表示/非表示を切り替えるサンプルです。 非表示時も表示領域は詰まりません。 要素の表示/非 ...

[JavaScript] URLエンコード/デコードを行う

URLエンコード/デコードを行うサンプルです。 URLエンコードを行う URLエンコードを行うには、encodeURIC ...

[JavaScript] 画像をキャッシュさせない方法

HTMLで画像を表示するにはimgタグを使用しますが、一度使用した画像はブラウザにキャッシュされるため意図しない画像が表 ...

[JavaScript] イベント処理を動的に追加する(addEventListener)

clickイベントなどのイベント処理を、JavaScriptで動的に追加するには addEventListenerを使用 ...

[JavaScript] 文字列をアンエスケープする(unescape)

文字列をアンエスケープするには、unescapeを使用します。 サンプルソース 例)文字列「%u307F% ...

スポンサーリンク