JavaScript

[JavaScript] JavaScriptの型

投稿日:2016年10月10日 更新日:

JavaScriptではvarで変数宣言するのであまり型を意識しないかもしれませんが、 内部的には以下の型が自動で判定されて使用されています。

JavaScriptの型一覧

JavaScriptには以下の型があります。

【JavaScriptの型】
型名typeofの戻り値メモ
数値型number整数型と小数点型の区別は無い。
通常の数値以外にもNaN、Infinity、指数表記も数値型となる。
文字型string任意の文字
真偽型booleantrue/false
関数型function関数
参照型object上記以外の型。配列も含まれる

型を調べる

型を調べたい時は、typeofに変数を渡すと型名を返してくれます。

例)typeofの例

解説

  • nullは値が存在しないことを明示的に設定するために使います。
  • undefinedは何も定義されていない状態です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] テキストを選択した時イベントを取得する(onSelect)

テキストボックスやテキストエリア内の文字を選択したときのイベントを取得するには、onselectを使用します。 サンプル ...

[JavaScript] 現在日付をYYYY/MM/DD形式の文字列で取得する

現在日付をYYYY/MM/DD形式の文字列で取得するサンプルFunctionです。 サンプル 例)現在日付をYYYY/M ...

[JavaScript] Submit時イベントを取得する(onSubmit)

Submit時イベントを取得するには、onsubmitイベントハンドラを使用します。 サンプルソース 例)Submit前 ...

[JavaScript] ステータスバーにメッセージを表示する(window.status、window.defaultStatus)

ステータスバーにメッセージを表示するには、 window.status、window.defaultStatus を使用 ...

[JavaScript] オブジェクト(連想配列)の配列の生成・更新・削除を行う

JavaScriptでオブジェクト(連想配列)の配列に関するサンプルです。 オブジェクト(連想配列)の配列を生成 まず、 ...

スポンサーリンク