JavaScript

[JavaScript] JavaScriptの型

投稿日:2016年10月10日 更新日:

JavaScriptではvarで変数宣言するのであまり型を意識しないかもしれませんが、 内部的には以下の型が自動で判定されて使用されています。

JavaScriptの型一覧

JavaScriptには以下の型があります。

【JavaScriptの型】
型名typeofの戻り値メモ
数値型number整数型と小数点型の区別は無い。
通常の数値以外にもNaN、Infinity、指数表記も数値型となる。
文字型string任意の文字
真偽型booleantrue/false
関数型function関数
参照型object上記以外の型。配列も含まれる

型を調べる

型を調べたい時は、typeofに変数を渡すと型名を返してくれます。

例)typeofの例

解説

  • nullは値が存在しないことを明示的に設定するために使います。
  • undefinedは何も定義されていない状態です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] HTMLタグの属性値を取得する(getAttribute)

HTMLタグの属性値を取得するには、getAttributeを使用します。 HTMLタグの属性値を取得する 例)id=" ...

[JavaScript] フォーカス・アウト イベントを取得する(onBlur)

フォーカス・アウト イベントを取得するには、onblurを使用します。 onBlurは「オンブラー」と読みます。 サンプ ...

[JavaScript] イベント処理を動的に追加する(addEventListener)

clickイベントなどのイベント処理を、JavaScriptで動的に追加するには addEventListenerを使用 ...

[JavaScript] 実装を厳格化する(use strict)

JavaScriptのコードの書き方は、変数宣言をしなくてもOKだったりと、わりと曖昧なコードの書き方が許されています。 ...

[JavaScript] 配列の重複を取り除く

配列の重複を取り除くサンプルです。 サンプルソース 例)配列「arr1」から重複要素を取り除いた配列を取得する [cra ...

スポンサーリンク