JavaScript

[JavaScript] 2つの数値の大小を比較する(Math.max/Math.min)

投稿日:2016年10月2日 更新日:

2つの数値の大小を比較してその値を取得するには、Math.max/Math.minを使用します。

数値が大きい方を返す(Math.max)

例)10と20の大きい方を返す

(結果)
result → 20

数値が小さい方を返す(Math.min)

例)10と20の大きい方を返す

(結果)
result → 10

解説

  • 2つの引数に同じ数値が渡された場合はその値が返ります。
  • 引数に数値でない値が渡された場合はNaNが返ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] ひらがなチェックを行う

JavaScriptでひらがなチェックを行うサンプルFunctionです。 ひらがなチェックを行う 例)値がひらがなの場 ...

[JavaScript] 値の比較について

JavaScriptで値の比較をする場合に「==」を使うときは注意が必要です。 「==」での比較サンプル 「==」での比 ...

[JavaScript] ASCIIコードから文字列に変換する(String.fromCharCode)

ASCIIコードから文字列に変換するには、String.fromCharCodeを使用します。 サンプルソース 例)AS ...

[JavaScript] Date型⇒和暦で表示する

Date型の日付を、和暦の日付で表示するサンプルです。 サンプルソース 例)本日を和暦表示する [crayon-5b7c ...

[JavaScript] JavaScriptファイルを非同期で読み込む(async/defer)

JavaScriptファイルを非同期で読み込むには、async/deferキーワードを使用します。 サンプル 例1)同期 ...

スポンサーリンク