JavaScript

[JavaScript] 2つの数値の大小を比較する(Math.max/Math.min)

投稿日:2016年10月2日 更新日:

2つの数値の大小を比較してその値を取得するには、Math.max/Math.minを使用します。

数値が大きい方を返す(Math.max)

例)10と20の大きい方を返す

(結果)
result → 20

数値が小さい方を返す(Math.min)

例)10と20の大きい方を返す

(結果)
result → 10

解説

  • 2つの引数に同じ数値が渡された場合はその値が返ります。
  • 引数に数値でない値が渡された場合はNaNが返ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 配列→カンマ区切り文字列にする

文字列配列からカンマ区切り文字列に変換するサンプルです。 サンプルソース 例)文字列配列からカンマ区切り文字列に変換する ...

[JavaScript] 一定時間後に処理を実行する

一定時間後に処理を実行するには、setTimeoutを使用します。 サンプル 例)5秒後に処理を実行する [crayon ...

[JavaScript] 関数から複数値を返す

通常JavaScriptの関数の戻り値は1つですが、 以下のようにすれば複数値返すこともできます。 方法1)配列で返す ...

[JavaScript] ウィンドウ内のフレーム数を取得する(window.length)

ウィンドウ内のフレーム数を取得するには、window.lengthを使用します。 サンプルソース 例)ウィンドウ内のフレ ...

[JavaScript] 子要素の件数を取得する(.childElementCount)

子要素の件数を取得するには、.childElementCountを使用します。 サンプルソース 例)リストの数を取得する ...

スポンサーリンク