JavaScript

[JavaScript] 2進数、8進数、16進数値⇔10進数を変換する

投稿日:2016年10月2日 更新日:

2進数、8進数、16進数と10進数を変換するサンプルです。

n進数→10進数に変換する

n進数を10進数に変換するには、parseIntを使用します。

例)2進数、8進数、16進数→10進数に変換する

メモ

  • parseIntの第1引数にn進数数値表記、第2引数にn進数の数を指定します。
  • n進数値でない文字列が渡された場合は、NaN型(Not A Number)が返ります。
  • 2進数、8進数、16進数は数値リテラルでも表せます。
    詳しくは「2進数、8進数、16進数の数値リテラル」をご覧ください。

実行サンプル

n進数→10進数変換の動作確認ができます。

02進数→10進数:
08進数→10進数:
16進数→10進数:

10進数→n進数に変換する

10進数をn進数に変換するには、toStringを使用します。

例)10進数→2進数、8進数、16進数に変換する

メモ

  • 変換したいn進数の値を、toStringの引数に渡せばOKです。
  • 数値でない値をtoStringするとNaNが返ります。

実行サンプル

10進数→n進数変換の動作確認ができます。

10進数→02進数:
10進数→08進数:
10進数→16進数:

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] マウスボタン押下/押上イベントを取得する(onMouseDown, onMouseUp)

マウスボタンを押したイベントを取得するにはonmousedown、 押し下げたマウスボタンを離したイベントを取得するには ...

[JavaScript] セレクトボックスの選択中のvalue値を取得する

セレクトボックスの選択中のvalue値を取得するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、セレクトボックスで選 ...

[JavaScript] テキストの選択範囲のカーソル位置を取得する

JavaScriptでテキストボックスのカーソル位置を取得するには、 selectionStart、selectionE ...

[JavaScript] JSON文字列からオブジェクトに変換する

JSON文字列をJavaScriptオブジェクトに変換するには JSON.parseを使用します。 サンプルソース 例) ...

[JavaScript] 配列に要素を追加する(.unshift)

配列に要素を追加するサンプルです。 配列の先頭に要素を追加する 配列の先頭に要素を追加するには、.unshiftを使用し ...

スポンサーリンク