JavaScript

[JavaScript] イベントの呼び出し元のオブジェクトを取得する(event.target)

投稿日:2017年9月13日 更新日:

イベントの呼び出し元のオブジェクトを取得するには、event.targetを使用します。

サンプルソース

例)event.targetで取得した要素の色を赤にする

実行サンプル

ボタンを押すまたは、テキストボックスに文字を入力するとそれぞれ赤くなります。

解説

  • functionの呼び出し側は特に意識する必要がないため、共通functionでとても便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] サイト内の文字を選択できないようにする

サイト上の文字(文章)をドラッグ等で選択できないようにするには、 onselectstartを使用すれば実現できます。 ...

[JavaScript] 画像オブジェクトを取得する

画像オブジェクトを取得する方法です。 サンプルソース 例)画像(id="neko")オブジェクトを取得する [crayo ...

[JavaScript] ページを離れた時に処理を行う(onUnload)

ページを離れた時に処理を行うには、onUnloadイベントハンドラを使用します。 サンプルソース 例)ページを離れた時に ...

[JavaScript] サイト内にある画像の数を取得する(document.images.length)

サイト内にある画像の数を取得するには、document.images.lengthを使用します。 サンプルソース 例)サ ...

[JavaScript] canvasの画像をBase64形式に変換する

canvasの画像をBase64形式に変換するには、.toDataURL()を使用します。 サンプルソース 例)canv ...

スポンサーリンク