JavaScript

[JavaScript] イベントの呼び出し元のオブジェクトを取得する(event.target)

投稿日:2017年9月13日 更新日:

イベントの呼び出し元のオブジェクトを取得するには、event.targetを使用します。

サンプルソース

例)event.targetで取得した要素の色を赤にする

実行サンプル

ボタンを押すまたは、テキストボックスに文字を入力するとそれぞれ赤くなります。

解説

  • functionの呼び出し側は特に意識する必要がないため、共通functionでとても便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] イベント処理を動的に追加する(addEventListener)

clickイベントなどのイベント処理を、JavaScriptで動的に追加するには addEventListenerを使用 ...

[JavaScript] 配列の先頭の要素を取り出す(.shift)

配列の先頭の要素を取り出すには、.shift()を使用します。 サンプルソース 例)配列から先頭の要素を取り出してコンソ ...

[JavaScript] ボタンにclickイベントを設定する

ボタンにclickイベントを設定するサンプル2パターンのサンプルです。 サンプルソース 例1)ボタンタグにonclick ...

[JavaScript] カラーコードから色を確認する

カラーコードから色を確認したい場合にご利用ください。 カラーコードから色を確認する カラーコードを入力してください。(例 ...

[JavaScript] スタイルをimportant指定する

JavaScriptでスタイル(CSS)を指定する時に、important指定をするサンプルです。 サンプルソース 例) ...

スポンサーリンク