JavaScript

[JavaScript] 透過率を変更する(style.opacity)

投稿日:2016年11月3日 更新日:

JavaScriptで透過率を変更するには、style.opacityを使用します。

サンプルソース

例)id='target'要素の透過率を50%にする

実行サンプル

ボタンを押すと、赤枠部分の透過率が変わります

0% 30% 50% 80% 100%
ここの透過率が変わります

解説

  • 透過率は0%(透過なし)~100%(フル透過)を、0.0~1.0の数値で指定します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] オブジェクト(連想配列)の生成と読込みを行う

オブジェクト(連想配列)を生成するサンプルと、読込みを行うサンプルです。 オブジェクト(連想配列)の生成 例1)キーと値 ...

[JavaScript] canvasオブジェクトを生成する

JavaScriptでcanvasオブジェクトを生成する方法です。 サンプルソース 例)canvasオブジェクトを生成す ...

[JavaScript] 時間のコロン編集を行うテキストボックス

フォーカスインすると「HHmm」形式、フォーカスアウトすると「HH:mm」形式にするテキストボックスサンプルです。 時間 ...

[JavaScript] 乱数を取得する(Math.random)

乱数を取得するには、Math.random()を使用します。 このメソッドは0以上1未満の小数値を返すので、戻り値を取得 ...

[JavaScript] 初期チェック状態を取得する(.defaultChecked)

チェックボックス等の初期チェック状態を取得するには、.defaultCheckedを使います。 サンプルソース 例)ボタ ...

スポンサーリンク