JavaScript

[JavaScript] 透過率を変更する(style.opacity)

投稿日:2016年11月3日 更新日:

JavaScriptで透過率を変更するには、style.opacityを使用します。

サンプルソース

例)id='target'要素の透過率を50%にする

実行サンプル

ボタンを押すと、赤枠部分の透過率が変わります

0% 30% 50% 80% 100%
ここの透過率が変わります

解説

  • 透過率は0%(透過なし)~100%(フル透過)を、0.0~1.0の数値で指定します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] カンマ区切り文字列→配列にする

カンマ区切り文字列から文字列配列に変換するサンプルです。 サンプルソース 例)文字列"aaa,bbb,ccc& ...

[JavaScript] ステータスバーにメッセージを表示する(window.status、window.defaultStatus)

ステータスバーにメッセージを表示するには、 window.status、window.defaultStatus を使用 ...

[JavaScript] 2つの変数の値を入れ替える

2つの変数の値を入れ替える方法です。 仮の変数を1つ用意して、順番に値を代入すれば値を入れ替える事は可能ですが、 ECM ...

[JavaScript] イベント処理を動的に追加する(addEventListener)

clickイベントなどのイベント処理を、JavaScriptで動的に追加するには addEventListenerを使用 ...

[JavaScript] 4~12,1~3 ⇔ 1~12 を相互に変換するサンプル

4~12,1~3 ⇔ 1~12 を相互に変換するサンプルです。 サンプルソース 例)4~12,1~3 ⇒ 1~12に変換 ...

スポンサーリンク