コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] 透過率を変更する(style.opacity)

投稿日:2016年11月3日 更新日:

JavaScriptで透過率を変更するには、style.opacityを使用します。

サンプルソース

例)id='target'要素の透過率を50%にする

実行サンプル

ボタンを押すと、赤枠部分の透過率が変わります

0% 30% 50% 80% 100%
ここの透過率が変わります

解説

  • 透過率は0%(透過なし)~100%(フル透過)を、0.0~1.0の数値で指定します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 関数から複数値を返す

通常JavaScriptの関数の戻り値は1つですが、 以下のようにすれば複数値返すこともできます。 方法1)配列で返す ...

[JavaScript] 正規表現で文字チェックを行う

正規表現を使って文字チェックを行うサンプルです。 サンプルソース 例)正規表現パターンと一致判定を行う [crayon- ...

[JavaScript] if、for、while、do-while、switch句のサンプル

if句、for句、while句、do-while句、switch句のサンプルです。 書き方をど忘れした時にどうぞ。(;・ ...

[JavaScript] ファイルコントロールの値をクリアする

ファイルコントロールの値をクリアするには、value値にブランクをセットすればOKです。 サンプルソース 例)ボタンを押 ...

[JavaScript] keyCodeを取得する

押されたキーのkeyCodeを取得するサンプルです。 サンプル 例)押されたキーのkeyCodeを表示する [crayo ...

スポンサーリンク