コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

jQuery

[jQuery] 要素がdisableかどうか判定する

投稿日:2017年7月19日 更新日:

jQueryで、要素がdisableかどうか判定するサンプルです。

サンプルソース

例)要素(id="txt1")がdisableかどうか判定する

解説

  • disableかどうか判定するには、.is(':disabled') で判定できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-jQuery
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[jQuery] オブジェクト(連想配列)かどうか判定する($.isPlainObject)

オブジェクト(連想配列)かどうか判定するには、$.isPlainObject()を使用します。 サンプルソース 例)変数 ...

[jQuery] セレクタの第2引数の意味

jQueryでセレクタは通常「$(".c1")」のように指定しますが、 「$(".c1", "#d2")」のように第2引 ...

[jQuery] 要素に指定したclassが適用されているか判定する(.hasClass)

要素に指定したclassが適用されているか判定するには、hasClassを使用します。 構文 (構文) $(<セレクタ> ...

[jQuery] 配列から重複要素を取り除く($.unique)

jQueryで配列から重複要素を取り除くには、uniqueを使用します。 サンプルソース 例)配列から重複要素を取り除い ...

[jQuery] keyDownイベントを設定する(.keydown)

jQueryでkeyDownイベントを記述するサンプルです。 サンプルソース 例)キーを押すと、キーコードを表示する [ ...

スポンサーリンク