コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

jQuery

[jQuery] 自作プラグインを別ファイルにする

投稿日:2017年7月18日 更新日:

jQueryの自作プラグインを別ファイルにするサンプルです。

サンプルソース

コードを以下のように別ファイルで作成してjQueryのインポートの後に自作プラグインファイルをインポートします。

myPlugin.js
(function($){ $.fn.samplePlugin = function(){ this.css("color", "white"); this.css("background-color","green"); return this; }; })(jQuery);

解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-jQuery
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[jQuery] 順序を逆順にする(.reverse)

要素の順序を逆順にするには、.reverse()を使用します。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、リストの並びを逆順に ...

[jQuery] 指定したclassの全要素を取得してループ処理をする

指定したclassの全要素を取得してループ処理をするサンプルです。 サンプルソース 例)class="hoge"の要素一 ...

[jQuery] 配列から重複要素を取り除く($.unique)

jQueryで配列から重複要素を取り除くには、uniqueを使用します。 サンプルソース 例)配列から重複要素を取り除い ...

[jQuery] 1970年1月1日からの経過ミリ秒を取得する($.now)

1970年1月1日からの経過ミリ秒を取得するには、$.now()を使用します。 サンプルソース 例)ボタンを押すと197 ...

[jQuery] 要素にclassを追加、削除する(.addClass、.removeClass、.toggleClass)

jQueryで要素にclassを追加や削除をするには、 addClass、removeClass、toggleClass ...

スポンサーリンク