コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

jQuery

[jQuery] クリックされた子要素を取得する

投稿日:2017年7月22日 更新日:

リストでクリックされた子要素を取得するサンプルです。

サンプルソース

例)リストでクリックされた要素を取得する

実行例

要素をクリックすると、クリックした要素の行数が表示されます。

  • 1つめ
  • 2つめ
  • 3つめ
  • 4つめ
  • 5つめ

解説

  • li要素に.onメソッドでクリックイベントを設定して、要素をthisで取得すればOKです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-jQuery
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[jQuery] スクロールした座標を取得する(.scrollTop/.scrollLeft)

jQueryでスクロールした座標を取得するには、.scrollTop()/.scrollLeft()を使用します。 サン ...

[jQuery] 指定した要素の次の要素を取得する(.next)

指定した要素の次の要素を取得するには、.next()を使用します。 サンプルソース 例)要素(#ts li)の3番目の要 ...

[jQuery] セレクタを複数指定する

セレクタを複数指定するには、カンマで区切って複数並べればOKです。 サンプルソース 例)#btn1、#btn2に同じクリ ...

[jQuery] チェックボックスのオンオフをセットする

jQueryでチェックボックスのオンオフ状態をセットするサンプルです。 サンプルソース 例)チェックボックスのチェック状 ...

[jQuery] 子要素を取得する(.find)

指定した要素の子要素(孫要素以下も含む)を取得するには、.find()を使用します。 サンプルソース 例)定義リストの子 ...

スポンサーリンク