コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] テキストの指定した範囲を選択状態にする

投稿日:2017年5月16日 更新日:

テキストの指定した範囲を選択状態にするには、setSelectionRangeを使用します。

サンプルソース

例)開始位置と終了位置を指定して範囲選択する

サンプル

開始位置、終了位置を指定してボタンをクリックしてください。

開始位置:
終了位置:

↓指定した範囲が選択されます。

解説

  • 数値でない値を指定した場合は、テキストの最初に位置付きます。
  • FromとToを逆転して指定した場合は、Toの位置に位置付きます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] canvasオブジェクトを生成する

JavaScriptでcanvasオブジェクトを生成する方法です。 サンプルソース 例)canvasオブジェクトを生成す ...

[JavaScript] コンソールに出力した回数をカウントする(console.count)

コンソールに文字列とともに出力した回数を出力するには、console.countを使用します。 サンプルソース 例)co ...

[JavaScript] 数値が非数かどうかチェックを行う(isNaN)

数値が非数(NaN値)かどうかチェックをするには、isNaN()関数を使用します。 サンプル 例)isNaN関数の結果例 ...

[JavaScript] Base64形式の画像データをimgタグに表示する

Base64形式の画像データをimgタグに表示するサンプルです。 サンプルソース 例)Base64文字列をimgタグにセ ...

[JavaScript] 配列の重複していないデータのみ抽出する

配列の重複していないデータのみ抽出するサンプルです。 サンプルソース 例)配列「arr1」から重複していないデータのみ抽 ...

スポンサーリンク