JavaScript

[JavaScript] で変数を宣言する(var, let)

投稿日:2016年12月2日 更新日:

JavaScriptで変数を宣言するには、var または letを使用します。

※letはECMAScript6以降対応ブラウザで使えます。


varとletの違いは、varはグローバル変数で、letはローカル変数という違いです。

varJavaScriptのどこからでもアクセスできる変数。メンバ変数ともいう。
letJavaScript内の一部分でしか使えない変数。局所変数ともいう。

サンプルソース

varとletの動きのサンプルです。

例)変数宣言のサンプル

(結果)
100 200 100

解説

  • {}内などにletで宣言した変数はvarで宣言した変数と同じ名前であっても、そのスコープ内でのみ有効な別の変数として扱われます。
  • 変数名には、半角英字、半角数値、アンダーバーが使用できます。
    (ただし、先頭文字は半角数値は使用不可)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 透過率を変更する(style.opacity)

JavaScriptで透過率を変更するには、style.opacityを使用します。 サンプルソース 例)id='tar ...

[JavaScript] keydownイベントを取得する(onkeydown)

JavaScriptでkeydownイベントを取得するサンプルです。 サンプルソース 例1)テキストボックス上でキーを押 ...

[JavaScript] 配列の要素を更新する

配列の要素を更新するサンプルです。 配列の要素を更新するサンプル 配列の要素を更新するには、配列番号で取得した要素に値を ...

[JavaScript] ツールチップを設定する

JavaScriptでツールチップを設定するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、入力された値がツールチッ ...

[JavaScript] 指定したページ数分履歴を移動する(history.go)

指定したページ数分履歴を移動するには、history.go()を使用します。 サンプルソース 例)指定したページ数分履歴 ...

スポンサーリンク