JavaScript

[JavaScript] 要素を生成する(document.createElement)

投稿日:

JavaScriptでHTMLの要素を生成するには、document.createElementを使用します。

サンプルソース

例)ボタンを押すと、div要素を生成する

9行目で要素を生成し、21行目で要素を反映させています。

解説

  • 引数にHTMLに存在しないタグ名を指定しても、問題ありません。
    ただ、HTMLとしては解析されないので表示は保証しません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] ブラウザの戻るボタン、次へボタンを実装する(history.back、history.forward)

javascriptでブラウザの履歴を操作するには、 window.history.back()、window.hist ...

[JavaScript] オブジェクトが空かどうか判定する

オブジェクトが空かどうか判定するサンプルfunctionです。 サンプルソース 例)オブジェクトが空の場合はtrueを返 ...

[JavaScript] 印刷ダイアログを開く(window.print)

印刷ダイアログを表示するには、window.print()を使用します。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、印刷ダイア ...

[JavaScript] 文字列をアンエスケープする(unescape)

文字列をアンエスケープするには、unescapeを使用します。 サンプルソース 例)文字列「%u307F% ...

[JavaScript] 配列に指定した値が存在するかどうかチェックする(.some)

配列に指定した値が存在するかどうかチェックするサンプルです。 サンプルソース 例1)数値の配列中に20または30が存在す ...

スポンサーリンク