JavaScript

[JavaScript] 要素を生成する(document.createElement)

投稿日:

JavaScriptでHTMLの要素を生成するには、document.createElementを使用します。

サンプルソース

例)ボタンを押すと、div要素を生成する

9行目で要素を生成し、21行目で要素を反映させています。

解説

  • 引数にHTMLに存在しないタグ名を指定しても、問題ありません。
    ただ、HTMLとしては解析されないので表示は保証しません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] テーブルの行数、列数を取得する

テーブルの行数、列数を取得するにはrows.length、cells.lengthを使用します。 サンプル 例)id=& ...

[JavaScript] cookieから値を取得する

cookieから値を取得するサンプルです。 cookieから値を取得するサンプル cookieから値を取得するには、例1 ...

[JavaScript] イベントハンドラを設定する

イベントハンドラはHTMLタグに「onclick="~"」のように記述することが多いですが、 JavaScriptで動的 ...

[JavaScript] コンソールをクリアする(console.clear)

コンソールをクリアするには、console.clear()を使用します。 サンプルソース 例)コンソールをクリアする [ ...

[JavaScript] 例外処理

例外処理のサンプルです。 例外処理の構文 例外処理の構文と書き方サンプルです。 (構文) try{  //例外が発生する ...

スポンサーリンク