JavaScript

[JavaScript] 要素にclassを追加・削除する(classList)

投稿日:2017年7月2日 更新日:

JavaScriptで、要素にclassを追加・削除するサンプルです。

サンプルソース

例)要素にclassを追加・削除する

(結果)
["cs1", "cs2", "cs3"] ["cs1", "cs2", "cs3", "hoge"] ["cs1", "cs3", "hoge"] true ["cs1", "hoge"]

解説

  • classを追加するには、classList.addを使用します。
  • classを削除するには、classList.removeを使用します。
  • classが存在するか判定するには、classList.containsを使用します。
  • classの追加/削除を切り替えるには、classList.toggleを使用します。
    (指定したclassが既に存在する場合は削除、存在しない場合は追加します。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 右クリック時に処理を行う(oncontextmenu)

右クリック時に処理を行うには、oncontextmenuイベントを使用します。 サンプルソース 例)右クリックすると画面 ...

[JavaScript] ブランクチェックを行う

指定された値がnullまたは空文字でないことをチェックする関数です。 コピペしてそのままお使い頂けます。 サンプル 例) ...

[JavaScript] callback関数を使用するサンプル

callback関数は、関数の引数に渡す関数のことです。 サンプルソース 例)関数「test」に、関数を渡すサンプル [ ...

[JavaScript] クリップボードへコピー/切り取りを実装する

JavaScriptで、clipboardへのコピー/切り取りを実装するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押す ...

[JavaScript] URLを指定して画面遷移を行う

javascriptでURLを指定して画面遷移を行うサンプルです。 サンプルソース 例)Yahooサイトへ画面遷移する ...

スポンサーリンク