JavaScript

[JavaScript] 要素にclassを追加・削除する(classList)

投稿日:2017年7月2日 更新日:

JavaScriptで、要素にclassを追加・削除するサンプルです。

サンプルソース

例)要素にclassを追加・削除する

(結果)
["cs1", "cs2", "cs3"] ["cs1", "cs2", "cs3", "hoge"] ["cs1", "cs3", "hoge"] true ["cs1", "hoge"]

解説

  • classを追加するには、classList.addを使用します。
  • classを削除するには、classList.removeを使用します。
  • classが存在するか判定するには、classList.containsを使用します。
  • classの追加/削除を切り替えるには、classList.toggleを使用します。
    (指定したclassが既に存在する場合は削除、存在しない場合は追加します。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 文字列の指定位置に文字を挿入・削除する

文字列の指定位置に文字を挿入・削除するサンプルFunctionです。 文字列の指定位置に文字を挿入する 例)文字を挿入す ...

[JavaScript] 自然対数の底eの累乗を求める(Math.exp)

自然対数の底eの累乗を求めるには、Math.exp()を使用します。 構文 (自然対数の底eのa乗を求める) var x ...

[JavaScript] サブウィンドウの名前を取得する(window名.name)

サブウィンドウの名前を取得するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、サブウィンドウの名前を取得する [cr ...

[JavaScript] セレクトボックスの選択を位置付ける

セレクトボックスの選択を位置付けるサンプルです。 インデックス番号で位置付ける方法と、value値で位置付ける方法の2種 ...

[JavaScript] で変数を宣言する(var, let)

JavaScriptで変数を宣言するには、var または letを使用します。 ※letはECMAScript6以降対応 ...

スポンサーリンク