コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] 要素にclassを追加・削除する(classList)

投稿日:2017年7月2日 更新日:

JavaScriptで、要素にclassを追加・削除するサンプルです。

サンプルソース

例)要素にclassを追加・削除する

(結果)
["cs1", "cs2", "cs3"] ["cs1", "cs2", "cs3", "hoge"] ["cs1", "cs3", "hoge"] true ["cs1", "hoge"]

解説

  • classを追加するには、classList.addを使用します。
  • classを削除するには、classList.removeを使用します。
  • classが存在するか判定するには、classList.containsを使用します。
  • classの追加/削除を切り替えるには、classList.toggleを使用します。
    (指定したclassが既に存在する場合は削除、存在しない場合は追加します。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 値が小数値であるかどうかチェックする

値が小数値であるかどうかチェックするサンプルです。 サンプルソース 例)引数に渡された値が小数値フォーマットである場合は ...

[JavaScript] クリップボードへコピー/切り取りを実装する

JavaScriptで、clipboardへのコピー/切り取りを実装するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押す ...

[JavaScript] 横位置を指定する(style.textAlign)

JavaScriptで横位置を指定するには、style.textAlignを使用します。 サンプルソース 例)ボタンを押 ...

[JavaScript] 独自例外を生成して投げる

独自例外を生成して投げるサンプルです。 サンプルソース 例)独自例外を生成して投げる [crayon-5b28f5387 ...

[JavaScript] 数値が有限数かどうかチェックを行う(isFinite)

数値が有限数かどうかチェックをするには、isFinite()関数を使用します。 サンプル 例)isFinite関数の結果 ...

スポンサーリンク