コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] テキストボックスの初期値を取得する

投稿日:2016年11月1日 更新日:

テキストボックスなどの初期表示時に設定されていた値を取得するには、
defaultValueを使用します。

サンプルソース

例)初期値と現在値を取得する

実行サンプル

ボタンを押すと、テキストボックスの初期値と現在値を表示します。 値を書き換えた後にボタンを押してください。

 

解説

  • ボタンを押したら初期値に戻したいといった機能を実装する時などに便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] canvasオブジェクトを生成する

JavaScriptでcanvasオブジェクトを生成する方法です。 サンプルソース 例)canvasオブジェクトを生成す ...

[JavaScript] canvasタグに画像を読み込む

canvasタグに画像を読み込むサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すとcanvasに画像(inu.png)を ...

[JavaScript] 関数をパッケージ化する

関数をパッケージ化して使うサンプルです。 同じような共通関数をパッケージ化しておくと、コードがとてもすっきりします。 サ ...

[JavaScript] テキストの指定位置にカーソルをセットする(.setSelectionRange)

テキストの指定位置にカーソルをセットするには、.setSelectionRange()を使用します。 サンプルソース [ ...

[JavaScript] 協定世界時(UTC時刻)を取得する(.toUTCString)

協定世界時(UTC時刻)を取得するには、.toUTCString()を使用します。 サンプルソース 例)現在日時のUTC ...

スポンサーリンク