JavaScript

[JavaScript] ページを離れた時に処理を行う(onUnload)

投稿日:2018年7月21日 更新日:

ページを離れた時に処理を行うには、onUnloadイベントハンドラを使用します。

サンプルソース

例)ページを離れた時に新規にウィンドウを開く

解説

  • onUnloadはページが閉じた(遷移)した後に呼ばれるため、現在のページに何かしようとしてもできません。
  • ページ離れる直前に処理を行いたい場合は、onbeforeunload を使用してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] ページのURLとドメインを取得する

Javascriptを使って、ページのURLとドメインを取得するサンプルです。 サンプルソース 例)ページのURLとドメ ...

[JavaScript] 要素のidを変更する

JavaScriptで要素のidを変更することができます。 サンプル 例)ボタンを押すとid="aaa"をid="bbb ...

[JavaScript] CSSセレクタ指定で要素を取得する(.querySelector/.querySelectorAll)

CSSセレクタ指定で要素を取得するには、.querySelector()/.querySelectorAll()を使用し ...

[JavaScript] 例外処理

例外処理のサンプルです。 例外処理の構文 例外処理の構文と書き方サンプルです。 (構文) try{  //例外が発生する ...

[JavaScript] 文字列をアンエスケープする(unescape)

文字列をアンエスケープするには、unescapeを使用します。 サンプルソース 例)文字列「%u307F% ...

スポンサーリンク