JavaScript

[JavaScript] ページを離れた時に処理を行う(onUnload)

投稿日:2018年7月21日 更新日:

ページを離れた時に処理を行うには、onUnloadイベントハンドラを使用します。

サンプルソース

例)ページを離れた時に新規にウィンドウを開く

解説

  • onUnloadはページが閉じた(遷移)した後に呼ばれるため、現在のページに何かしようとしてもできません。
  • ページ離れる直前に処理を行いたい場合は、onbeforeunload を使用してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 即時関数を使用する

即時関数は、関数の定義と実行を同時に行う関数です。 構文 即時関数の構文です。 即時関数は通常の関数と同様に、引数を受け ...

[JavaScript] ウィンドウを最前面にする(window名.focus())

ウィンドウを最前面にするには、window名.focus() を使用します。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、サブウ ...

[JavaScript] Functionが要求する引数の数を取得する

Functionが要求する引数の数を取得するサンプルです。 サンプルソース 例)関数「fnc02」が要求する引数の数を取 ...

[JavaScript] 配列の最後の要素を取り出す(.pop)

配列の最後の要素を取り出すには、.pop()を使用します。 サンプルソース 例)配列の末尾の要素を取得する [crayo ...

[JavaScript] ブラウザの新規タブにopen.windowする

ブラウザの新規タブにopen.windowするには、 オプションを指定せずにopen.windowすればOKです。 サン ...

スポンサーリンク