JavaScript

[JavaScript] ページを離れた時に処理を行う(onUnload)

投稿日:2018年7月21日 更新日:

ページを離れた時に処理を行うには、onUnloadイベントハンドラを使用します。

サンプルソース

例)ページを離れた時に新規にウィンドウを開く

解説

  • onUnloadはページが閉じた(遷移)した後に呼ばれるため、現在のページに何かしようとしてもできません。
  • ページ離れる直前に処理を行いたい場合は、onbeforeunload を使用してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] ブラウザ上の要素の表示/非表示を切替える(非表示時は詰まる)

ブラウザ表示上の指定した箇所の表示/非表示を切り替えるサンプルです。 非表示時は表示領域が詰まって表示されます。 サンプ ...

[JavaScript] 動的に追加したイベントを削除する(removeEventListener)

動的に追加したイベントを削除するには、removeEventListenerを使用します。 (動的にイベントを追加する方 ...

[JavaScript] テキストの指定した範囲を選択状態にする

テキストの指定した範囲を選択状態にするには、setSelectionRangeを使用します。 サンプルソース 例)開始位 ...

[JavaScript] 文字列の先頭の文字を削除する

文字列の先頭の文字を削除するサンプルです。 サンプルソース 例)文字列の先頭の文字を削除する [crayon-5d323 ...

[JavaScript] 指定したCSSクラス名の全ての背景色を変更する

指定したCSSクラス名が定義された要素全ての背景色を変更するサンプルです。 ソースを一部書き換えれば、背景色以外の変更に ...

スポンサーリンク