コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] 文字列をBase64エンコードする(.btoa)

投稿日:

文字列をBase64エンコードには、window.btoa()を使用します。

サンプルソース

例)文字列「abcdefg」をBase64エンコードする

(結果)
YWJjZGVmZw==

実行サンプル

文字を入力してボタンを押すと、Base64エンコードした結果が表示されます。

 

Base64対象文字のみ指定してください。

解説

  • .btoaメソッドに渡す文字は、"A~Z", "a~z", "0~9", "+", "/", "=" に限ります。
    上記以外の文字を渡すと例外が発生します。
  • 文字列をBase64デコードするには、以下ページをご覧ください。
    文字列をBase64デコードする

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 要素のサイズを取得する

JavaScriptでdivなどの要素のサイズを取得する方法です。 .styleで取得する方法と、.getBoundin ...

[JavaScript] フォーカス・アウト イベントを取得する(onBlur)

フォーカス・アウト イベントを取得するには、onblurを使用します。 onBlurは「オンブラー」と読みます。 サンプ ...

[JavaScript] Base64形式の画像データをcanvasに表示する

Base64形式の画像データをcanvasに表示するサンプルです。 サンプルソース 例)Base64文字列をcanvas ...

[JavaScript] 動的に追加したイベントを削除する(removeEventListener)

動的に追加したイベントを削除するには、removeEventListenerを使用します。 (動的にイベントを追加する方 ...

[JavaScript] 配列の最後に要素を追加する(.push)

配列の最後に要素を追加するには、.push()を使用します。 サンプルソース 例)配列の末尾に要素を追加してコンソールに ...

スポンサーリンク