JavaScript

[JavaScript] 画像の元サイズを取得する(.naturalWidth/.naturalHeight)

投稿日:2017年10月31日 更新日:

imgタグに縮小/拡大表示された画像の元サイズを取得するには、.naturalWidth/.naturalHeightを使用します。

サンプルソース

例)ボタンを押すと表示サイズと元サイズを表示する

実行サンプル

ボタンを押すと、画像の表示サイズと元サイズをアラート表示します。


上の画像は縮小表示されています。

解説

  • naturalWidth、naturalHeightは以下のブラウザで使用できます。
    (Chrome, Safari, Firefox, Edge)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 値の比較について

JavaScriptで値の比較をする場合に「==」を使うときは注意が必要です。 「==」での比較サンプル 「==」での比 ...

[JavaScript] 画面のサイズを変更する(resizeTo、resizeBy)

画面のサイズを変更するにはresizeToまたはresizeByを使用します。 resizeToとresizeByの違い ...

[JavaScript] Base64形式の画像データをcanvasに表示する

Base64形式の画像データをcanvasに表示するサンプルです。 サンプルソース 例)Base64文字列をcanvas ...

[JavaScript] callback関数を使用するサンプル

callback関数は、関数の引数に渡す関数のことです。 サンプルソース 例)関数「test」に、関数を渡すサンプル [ ...

[JavaScript] 一定時間後に処理を実行する

一定時間後に処理を実行するには、setTimeoutを使用します。 サンプル 例)5秒後に処理を実行する [crayon ...

スポンサーリンク