コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] 文字列の前後の空白を取り除く

投稿日:2016年10月1日 更新日:

文字列の前後の空白を取り除く(トリム処理)を行うサンプルです。
トリム処理には、trim関数を使用します。

サンプル

例)文字列の前後の空白を取り除く

(結果)
result = "abc"

解説

  • trim()では、半角スペースと全角スペースが取り除かれます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] canvasに円を描画する(.arc)

canvasに円を描画するには、.beginPath()と.arc()を使用します。 サンプルソース 例)canvasに ...

[JavaScript] テキストの指定位置にカーソルをセットする(.setSelectionRange)

テキストの指定位置にカーソルをセットするには、.setSelectionRange()を使用します。 サンプルソース [ ...

[JavaScript] テキストを選択した時イベントを取得する(onSelect)

テキストボックスやテキストエリア内の文字を選択したときのイベントを取得するには、onselectを使用します。 サンプル ...

[JavaScript] 値の比較について

JavaScriptで値の比較をする場合に「==」を使うときは注意が必要です。 「==」での比較サンプル 「==」での比 ...

[JavaScript] HTML内のタグをを動的に変更する(innerHTML)

HTML内の文字を動的に変更するには、innerHTMLを使用します。 サンプル 例)id="area1"の要素にHTM ...

スポンサーリンク