JavaScript

[JavaScript] 文字列の前後の空白を取り除く

投稿日:2016年10月1日 更新日:

文字列の前後の空白を取り除く(トリム処理)を行うサンプルです。
トリム処理には、trim関数を使用します。

サンプル

例)文字列の前後の空白を取り除く

(結果)
result = "abc"

解説

  • trim()では、半角スペースと全角スペースが取り除かれます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 消費税額を取得するFunction

引数に受け取った金額の消費税額を返すFunctionサンプルです。 サンプルソース 例)税率8%で計算。引数が数値以外の ...

[JavaScript] フォーマットを指定して日付を表示する

JavaScriptには日付をフォーマット指定して表示する関数が無いので、日付オブジェクトから年月日時分秒を取り出して整 ...

[JavaScript] サブウィンドウを開く(window.open)

JavaScriptでサブウィンドウを開くには、window.open()メソッドを使用します。 サンプルソース 例)幅 ...

[JavaScript] HTMLタグの属性値を取得する(getAttribute)

HTMLタグの属性値を取得するには、getAttributeを使用します。 HTMLタグの属性値を取得する 例)id=" ...

[JavaScript] ウィンドウサイズ変更時に処理を行う(onResize)

ウィンドウサイズ変更時に処理を行うには、onResizeイベントハンドラを使用します。 サンプルソース 例)ウィンドウサ ...

スポンサーリンク