コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] 一定時間後に処理を実行する

投稿日:2016年10月6日 更新日:

一定時間後に処理を実行するには、setTimeoutを使用します。

サンプル

例)5秒後に処理を実行する

※setTimeou関数から呼び出す関数には、引数を渡すこともできます。

実行サンプル

ボタンを押した3秒後にアラートが表示されます。

解説

  • setTimeout関数は、指定した時間経過後に処理を1度だけ実行します。
  • 一定間隔で繰り返し処理を実行したい場合は、setInterval関数を使用します。
    詳しくはこちらを参照ください→一定時間ごとに処理を実行する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 関数から複数値を返す

通常JavaScriptの関数の戻り値は1つですが、 以下のようにすれば複数値返すこともできます。 方法1)配列で返す ...

[JavaScript] ページを離れる直前に処理を行う(onBeforeUnload)

ページを離れる直前に処理を行うには、onBeforeUnloadイベントハンドラを使用します。 サンプルソース 例)ペー ...

[JavaScript] 文字列の一部分を切り出す(substr, substring, slice)

文字列の一部分を切り出すには、 substrを使う方法、substringを使う方法、sliceを使う方法があります。 ...

[JavaScript] 子要素の件数を取得する(.childElementCount)

子要素の件数を取得するには、.childElementCountを使用します。 サンプルソース 例)リストの数を取得する ...

[JavaScript] スタイルをimportant指定する

JavaScriptでスタイル(CSS)を指定する時に、important指定をするサンプルです。 サンプルソース 例) ...

スポンサーリンク