コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

document関連 JavaScript

[JavaScript] フォーカスが当たっている要素オブジェクトを取得する(.activeElement)

投稿日:

フォーカスが当たっている要素オブジェクトを取得するには、.activeElementを使用します。

サンプルソース

例)フォーカスが当たっている要素オブジェクトを取得するサンプル

(結果)
テキストボックス3

解説

  • フレーム内の要素にフォーカスが当たっている場合は、フレームオブジェクトが取得されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-document関連, JavaScript

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] imgタグに画像が存在するかチェックする

imgタグに画像が存在するかチェックするサンプルです。 画像がリンク切れしているかどうかをチェックしたい場合などに使用で ...

[JavaScript] ブラウザの新規タブにopen.windowする

ブラウザの新規タブにopen.windowするには、 オプションを指定せずにopen.windowすればOKです。 サン ...

[JavaScript] ブラウザのサイズを取得する

表示中のブラウザのサイズを取得するには、 window.outerWidth / window.outerHeightま ...

[JavaScript] セレクトボックスを未選択状態にする

セレクトボックスを未選択状態にするには、selectedIndexに -1 をセットすればOKです。 サンプルソース 例 ...

[JavaScript] テキストボックスの初期値を取得する

テキストボックスなどの初期表示時に設定されていた値を取得するには、 defaultValueを使用します。 サンプルソー ...

スポンサーリンク