コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] Functionが要求する引数の数を取得する

投稿日:

Functionが要求する引数の数を取得するサンプルです。

サンプルソース

例)関数「fnc02」が要求する引数の数を取得する

(結果)
3

解説

  • Functionが要求する引数の数を取得するには、<関数名>.lengthを使用します。
  • 引数が無いFunctionの場合は、0が返ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] Javaアプレットが使用できるかどうか調べる

Javaアプレットが使用できるかどうか調べるサンプルです。 サンプルソース 例)javaアプレットが使用できるかどうか判 ...

[JavaScript] フォーム部品のDisable/Enableを切り替える

テキストボックスやボタンなどのDisable/Enableを切り替えるサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すた ...

[JavaScript] 指定した年月の最終日を取得する

指定した年月の最終日を取得するサンプルです。 サンプル 例)2016年2月の最終日を取得する [crayon-5b28f ...

[JavaScript] チェックを消せるラジオボタン

クリックするとオン、オフができるラジオボタンのサンプルです。 サンプルソース 例)チェックオンのラジオボタンをクリックす ...

[JavaScript] canvasの画像をBase64形式に変換する

canvasの画像をBase64形式に変換するには、.toDataURL()を使用します。 サンプルソース 例)canv ...

スポンサーリンク