コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

jQuery

[jQuery] 要素を削除する(.remove)

投稿日:2017年5月30日 更新日:

要素を削除するには、removeを使用します。

サンプルソース

例)ボタンクリックで、id="dv1"要素を削除する

実行サンプル

ボタンをクリックすると、「いぬ」がremoveされます。

いぬ
ねこ

解説

  • remove対象の要素に、子要素があった場合は同時に削除されます。
  • 要素を削除するメソッドには.empty()もあり、違いは以下の通りです。
     empty:指定した要素の中身のみ削除する
      例)<div id="d1">あああ</div> をemptyする ⇒ <div id="d1"></div>
     remove:指定した要素そのものを削除
      例)<div id="d1">あああ</div> をremoveする ⇒ ""

関連項目


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-jQuery
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[jQuery] 画面ロード/アンロード時に処理を行う(.load/.unload)

画面ロード/アンロード時に処理を行うには、.load/.unloadを使用します。 サンプルソース 例)画面ロード時とア ...

[jQuery] 要素数を取得する(.length)

セレクタで取得した要素の要素数を取得するには、lengthを使用します。 サンプルソース 例)セレクタ$('#a1 li ...

[jQuery] 要素を条件指定して取得する(.filter)

要素を条件指定して取得するには、filterメソッドを使用します。 サンプルソース 例)divタグでclass="b"の ...

[jQuery] 配列の要素に対して値を操作する($.map)

配列の要素に対して値を操作するには、$.map()を使用します。 サンプルソース 例)配列内の金額をすべて税込み金額にす ...

[jQuery] 数値かどうか判定する($.isNumeric)

数値かどうか判定するには、$.isNumeric()を使用します。 サンプルソース 例)変数valが数値かどうか判定する ...

スポンサーリンク