コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

jQuery

[jQuery] 処理を行わないことを明示する($.noop)

投稿日:2017年7月15日 更新日:

処理を行わないことを明示したい場合は、$.noop() を指定します。

サンプルソース

例)ボタンを2回目に押したときは何もしない

実行サンプル

1回目に押した時のみアラート表示されます。

解説

  • 使う機会はあまりないと思われます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-jQuery
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[jQuery] 要素の属性を一度に設定する

属性を一度に設定するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、id="txt1"要素をボタンに変える [cra ...

[jQuery] 要素が生成されてからの時間を取得する(event.timeStamp)

要素が生成されてからの時間を取得するには、event.timeStampを使用します。 サンプルソース 例)ボタンが生成 ...

[jQuery] 指定したclassの要素の数を取得する

指定したclassの要素の数を取得するには、.lengthを使います。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、class= ...

[jQuery] classの適用・非適用を切り替える(.toggleClass)

要素へclassの適用・非適用を切り替えるには、toggleClassを使用します。 サンプルソース 例)ボタンを押すと ...

[jQuery] 属性を削除する(.removeAttr)

属性を削除するには、removeAttrを使います。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、テキストボックスのplaceh ...

スポンサーリンク