コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

jQuery

[jQuery] フェード処理を行う(.fadeTo)

投稿日:2017年7月17日 更新日:

要素のフェード処理を行うには、.fadeTo()を使用します。

サンプルソース

例)ボタンを押すと、フェード処理を行う

実行サンプル

ボタンを押すと、青い部分の透過率が変わります

ここが変わります。

解説

  • 第1引数にはアニメーションのスピードを文字列または、数値で指定します。
    (文字列:"slow", "normal", "fast"、 数値:ミリ秒 (例:2秒の場合は2000))
  • 第2引数には透過率を指定します。(1.0:透過なし ~ 0.0:全透過)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-jQuery
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[jQuery] 要素を条件指定して取得する(.filter)

要素を条件指定して取得するには、filterメソッドを使用します。 サンプルソース 例)divタグでclass="b"の ...

[jQuery] 配列の要素を順番にチェックする(.every)

配列の要素を順番にチェックするには、.every()を使用します。 サンプルソース 例)配列要素が全て100以上200以 ...

[jQuery] function内でのthisの対象を明示的に指定する($.proxy)

function内でのthisの対象を明示的に指定するには、$.proxy()を使用します。 サンプルソース 例)Fun ...

[jQuery] 要素内の先頭にタグを追加する(.prepend)

要素の後にタグを追加するには、prependを使用します。 サンプル 例)ボタンを押すと、要素の前にxyzを追加する [ ...

[jQuery] 順序を逆順にする(.reverse)

要素の順序を逆順にするには、.reverse()を使用します。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、リストの並びを逆順に ...

スポンサーリンク